抜けないモノ

日々の「抜き活」は相変わらず 続けているのですが、
その中でどうしても「抜けないモノ」あるいは抜くのに
もの凄くエネルギーを必要とするもの、と言うのが
出てきます。
私の場合は「写真」と「きもの」です。

先日、たまたま見たテレビに五木寛之さんが出てらして
「無理に捨てなくてもいいんじゃないか」と言うお話を
されてました。
歳をとると、思い出がとても大切なものになってくる。
でも、思い出も何かキッカケがないと思い出せない。
自分が大切にしていたものは 何かしら、そういう大切な
思い出と繋がりがあり、それを見た瞬間に蘇ることがある。
と言うようなことを仰っていたのを聞いて、ハッと
思い当たることがありました。

だから私は、写真ときもの(帯を含む)は、無理に抜き活を
するのはやめようと思いました。
もちろん、明らかに不要と思うものは、抜く対象になりますし
これから増やそうとは さらさら思いませんが。

きものは本当に好きなものを、帯とセットにして残そうと
思っています。
それを選び出すのは、大変な作業ではありますが(好きなだけに)
それもまた楽し。
こればかりは時間をかけて、ゆっくりやってゆこうと思います。

IMG_9006.jpg

こちらは久米島のゆうな染と、タペストリー作家・冨田潤氏の帯の
組み合わせ。大好きな組み合わせで、多分一番多く着たのでは
ないかしら、と思います。



食べられないケーキですが・・・

昨日は娘達がいろいろ送ってくれて、1年に一回の「母親で良かった」
としみじみ思える日でした。ちゃんと母親が「抜き活」をしているのを
知っているので、長女はクッキー。

IMG_8867.jpg


次女はお花と紅茶です。
IMG_8986.jpg

マリアージュフレールの紅茶なんて何年ぶりかしら?
やっぱり香りが良いですね〜。
(自分じゃお高くてなかなか買いません。笑)

食べてしまえばなくなる、飲んでしまえばなくなる。
今はこんなプレゼントが、一番です。
昔は記念に残る「物」が良いと思ってましたが、みんなが
くれているのは「気持ち」なんだなぁと今更ながら気付きました。
そして・・・

次女がお得意のケーキを作ってくれました。
「母の日のローズケーキ」だそうです。
もちろん、ハワイから送れないので見るだけのケーキです。
それでも一生懸命作ってくれた気持ちが嬉しいじゃありませんか。
IMG_8980.jpg


ジャケットのアップデートと、生活向上委員会、その3

仕事の時に着る(主に人に会う時の)白のジャケットを新しくしました。
前のものは、かれこれ6年は着ていると思います。
流石に、タイトになってきて(今の主流がオーバーサイズというのも
あるのでしょうが・・・)
今時のサイズ感にアップデート。

IMG_8977.jpg

左が今まで着ていたもの、右が新しくユニクロで買ったものです。
平置きすると左の方がほっそり見えて、かっこ良さそうですが着ると
やや窮屈です。(生地も厚いので季節感が難しかった)
右のユニクロのはリネンブレンドジャケット、レーヨン、麻、ポリエステルで
ストレッチは効いてないのですが、着心地は良いです。(もちろん洗えます)
オフホワイトの色も私世代には優しいです。
初めから袖をまくる設定か、袖先にはスリットがあります。(写真では二折り
しています)

IMG_8963.jpg
着るとこんな感じ

休みの日に着るには、こんな遊び心で・・・
IMG_8978.jpg

中に着たTシャツは、UTのミッキーさん(笑)去年のものです。

1 IN、1OUTを守って アップデート完了。
今からガシガシ着て、ジャブジャブ洗って 活躍させましょう。
ジャケットがうちで洗えるって、やっぱり気持ちいい。

さて、生活向上委員会の第3段です。
今まで丸い蓋付きのキッチン用ゴミ箱を使っていたのですが、
収まりが悪く、ゴミ箱だけ飛び出していました。
そこで冷蔵庫を出来るだけ壁に寄せて隙間を作り、そこに無印の
四角いゴミ箱が見事にシンデレラフィットして・・・

IMG_8968.jpg

「ゴミ箱飛び出し」のストレスから解放されました。
キャスターもつけたので、移動も楽々。

IMG_8969.jpg

裏側にはこんな風に替えのゴミ袋を掛けています。
(替えのゴミ袋を入れているのはクリアファイルです)

お次は水のボトル運搬問題。
我が家では、防災も兼ねてお水を定期的に取って
いるのですが、玄関から設置場所まで運ぶのが
重くて・・・
そこでキャスターに乗せて運んでいます。

IMG_8970.jpg

このボトルがちょうど4本乗っているキャスター、実は
大きい植木鉢の移動用のものです。

IMG_8972.jpg

車輪(?)が外から見えないところも、ちょっと
オシャレでしょ?
とても滑りが良くて、片手で押していけます。
(これはアクタスのものです)

そして最後はダイソーで買ったこちら。
IMG_8974.jpg

S字フックは(当然ですがSの字に固定されてますが)
こちらは上と下がくるくる回るので固定されてません。
何に使ったかと言うと・・・

IMG_8976.jpg

クロゼットでバッグを吊り下げて収納するのに使っています。
今まではS字フックだったので、バッグが縦に並ばず、おまけにS字ごと
よく落としてました。そのストレスから解放されて、良い気分。
これは私の中では大ヒットでした。

何か参考になるものが、ありましたでしょうか?
な〜んだそんなの、もうやってるわ。というお声が聞こえてきそうですが・・・
今回もちょっとしたアイデアでプチストレスが解消されて大成功◎




Cake,Cake,Cake!

先週は大変な一週間でありました。
夫がギックリ腰になり、鍼の先生やら、お友達に紹介して
もらった整体院に行ったり・・・お陰で私もバランスを
崩して足が痛くなってしまいました。
老老介護(?)は大変です。(って、これからですけどね)

でも整体の先生が良い方で、夫とも相性はいいみたいで
(なにしろ好き嫌いが激しいので)スローモーションの
ような動きが、今は元に戻ってきました。

さて、前からアップしたいと思っていたハワイの娘の
ケーキ特集です。
元々、結婚する前からお菓子や料理を作るのは得意だったので
あちらに行って、その腕前はどんどん上がっているみたいです。

まずは、Sちゃんのバースディケーキ。
IMG_8939.jpg
これは去年の7月。
Sちゃんはユニコーンが大好きなので、ユニコーンの
チョコレートケーキです。

それから、今年2月の旦那さまの誕生日。
IMG_8683.jpg
これもチョコレートケーキみたいですね。
 
3月は自分の誕生日。
IMG_8934.jpg
自分の誕生日も自分で作ります(笑)

4月はE君の誕生日。
IMG_8026.jpg
E君は恐竜が大好きなので、もちろんテーマは恐竜。
カップケーキのマグマの噴火は芸が細かいです(笑)

そして、こちらは
IMG_8848.jpg
イースターの時に作ったケーキ。

そして、とうとうママ友からも注文が来るようになりました。
こちらが頼まれた虹色のカップケーキ。
IMG_8942.jpg

IMG_8943.jpg
レインボーカップケーキは中も虹色。

いつも写真だけで、食べたことはありませんが、写真で見る限り
上達しているように見えます。
早く実物が食べてみたいですねぇ。

我が家のヴィンテージ家具

前回の記事で、チラッっと見えた家具をお褒め頂き、そう言えば
もう何十年と一緒に暮らしている家具たちだなぁ、と改めて
見直してみました。

IMG_8874.jpg

こちらは可哀想に、ソファの陰に隠れてしまっていますが、
そう言えば最近では滅多に見ない(?)丸いサイドテーブルです。
この中には花瓶類をしまっています。

IMG_8875.jpg

これの上に乗っているスタンドは、傘が破れて一度張り替えています。
最近は間接照明に惹かれていて 夜は天井の電気をつけず
これのみをつけています。
夜はこんな感じです。

IMG_8798.jpg

柔らかい光で、ムードがありますね。

そして、これも居間のサイドテーブルなのですが、玄関からも見える
ベストポジションでここに季節の花やお気に入りのモノを飾って
気分を変えています。

IMG_8880.jpg

今は庭から取ってきた枝と北欧のお皿をディスプレイしてます。

どれも私の実家から持ってきたもので、うちに来る前に両親が
10年以上は使って、ここに来てから20年以上経ってますから
立派なヴィンテージですね。
因みにヴィンテージとは、製造されてから30〜99年経過している
もので、アンティークとは100年経過しているものだそうです。

そこここに傷はあるし、色も変わってきていますが、そこが
ヴインテージの良いところ。
いつまでも大切に使い続けたいと思います。

さて、こちらは今回の抜き活でお別れする「きこりのイス」
孫たちが使っていたものですが、もう誰もこれに座れません。

IMG_8931.jpg

いつの間にか、大きくなちゃうものですねぇ。
これに座って小さなテーブルを囲む孫たちを思い出すと
手放すのは、ちょっと寂しい気もします。
(4脚あったのですが、1脚は完全に壊れました)
ただ今、メルカリ出品中(笑)

大事に残すもの。
お別れするもの。
仕分け作業は今日も続きます。

感動パンツの感動、と生活向上委員会 その2(追加写真あり)

白いトップスに黒いパンツが、ほぼ制服化していますが
四季のある日本では素材は変えていかなければなりません。
しかも、最近の気温の変化は激しいですからねぇ。

さて、この春 新しく購入したのは

IMG_8816.jpg
UNIQLO、セオリーコラボの感動パンツ。
正確に言うと「感動タックイージーパンツ」これ、春夏に最高です。
薄くて軽くてストレッチが凄く効いているので、しゃがもうが何しようが
全くストレスがありません。
腰回りはタックのお陰でゆとりがあり、裾にかけて細くなるテーパード形。
丈は短めで、くるぶしが見えます。
黒と言っても真っ黒ではなく、炭黒くらいの黒です。
私は腰回りがゆったりしたのが好きなので、まさにドストライクでした。

トップスは同じくセオリーとコラボの「エアリズムコットンモックネックT」
です。こちらはまだ着る機会がありませんが、きっと着心地は良いと思います。

どちらも洗濯してもすぐ乾くのだそうで、夏にはヘビロテになりそうです。


<追加写真>あまりに色のない写真だったので、ちょっと春らしくコーデ
してみました。
IMG_8876.jpg

首には日除けにも冷房避けにもなるブルーのスカーフを。
ショルダーバッグはジャック・ゴム。
グレーのスニーカーはペットボトルを再生したエコアルフのものです。
白黒よりは少し春らしくなったかな?(笑)

さて、生活向上委員会の第二弾です。
IMG_8817.jpg

居間のソファの横には、母から譲り受けた丸いサイドテーブルがあるのですが
その後側に隠れ掃除用具を置いています。

IMG_8819.jpg

ここに無印の埃取りやラグ用のコロコロや、キンチョウのサッサや
ウエスなどが入っていて、ちょっとT.Vを観ながらその辺の掃除が
出来る、と言う訳。
以前はこれらを掃除用具置き場に取りに行かなければならなかったので
「後でいっかー」となっていました。
歳をとると、本当にちょっとしたことが億劫になるものです。

そう、洗濯物干しもその一つ。
以前は庭の洗濯物干し場まで行かなければならなかったのですが、夫も
私も濡れた重い洗濯物を持って庭に出るのが億劫になってきて・・・
そこで考えました。

ここは、和室(今は夫が寝室として使っています)なのですが、障子の向こうに
ちょっとした廊下(?)があって、そこの天井にデッドスペースを発見。
おお、いい空間を見つけた!と、突っ張り棒を渡してこの通り。
IMG_8825.jpg

ちょっとした干し場が出来ました。
ちょうど良いことに、ガラス戸が開くので、天気の良い日は開けると風が
入ります。
20年以上も住んでる家なのに、こんな発見があると嬉しいです。

日々のアップデートは年齢に合わせて、ぼちぼちと。
無理なく、暮らしやすく、を目指します。



「問題の解決」と「お魚ください」

お陰様でキッチン勝手口のブラインド問題は解決しました。
皆様からいろいろアイデアを頂き、ありがとうございました。

結局ですねぇ、ある友達の一言で決まりました。
「そんなに掃除が大変なら、取っちゃえば。で、ガラスにフィルムを
貼ればいいのよ」

はー、フィルム?
それは考えつかなかったなー。

ブラインドを取ると、目隠しが何もなくなるのが ちょっと抵抗が
あったのですが、そうか その手があったか。
ネットで検索すると、いろいろあるんですねぇ、窓用フィルム。

そして、磨りガラス風のシートを購入。
全面にピッタリは貼らずに、少し周りに余白を残して貼りました。

IMG_8803.jpg

昼間はこんな感じ。
夜は外が暗くて、中が明るいから見えるかと思いきや、意外と中は
見えませんでした。影が映る程度。上出来、上出来。

シートの貼り方も丁寧に説明がついてくるし、気泡をとるヘラも
ついてて親切。

IMG_8645.jpg
夜に貼ると、気泡が見やすくてヘラで真ん中から外に向かって
気泡を追い出し(?)ます。
なかなか面白い作業でした。
しかも失敗しても、貼り直しが出来るから安心(水で濡らして貼るタイプ)

なにしろ掃除が楽で大満足です。(拭けばいいんだから・笑)

そして、数日後のお話です。
その日の夕食に鯵の干物を焼いたのですが、「お魚ください」と、
こんなお客様が勝手口に・・・。

IMG_8797.jpg
黒猫さんと虎猫ちゃんです。

仲良く2匹並んで、しばら〜くそこにいました。
たぶん、今までもお魚とか焼いた時には来ていたのかも。
ブラインドを下げていた時には気付きませんでした。
なにせ一言も鳴かないのですから。
ただ黙〜って、そこにいるのです。

という事で、猫ちゃんのおまけ付きブラインド掃除問題解決の
顛末でありました。

抜き活

こんな本を読みました。
「あした死んでもいい片づけ」覚悟の生前整理。
かなりインパクトのある題名ですが、私くらいの歳になると
そうか・・・そうだよね、死なないまでも明日、動けなくなっちゃう
かもしれないもの。
と、妙に納得の題名です。

IMG_8791.jpg


この本では「捨て活」ではなく 始めはただひたすら「抜き活」を
します。「抜く」と言うのは
「片づける際に人に譲ったり、使えるものは売ったり、災害などで
困っている人への支援物資にしたり、壊れてどうしようもないモノは
捨てたりする。これら家から外へ出す行為を抜く、と言います。」
(本書より)

それでね、抜いてますよ日々(笑)。
まあ、抜けるものがあること、あること。
なにしろ覚悟の生前整理ですからね、今までとは心の持ちようが
違います。

これを残しても処分するのは子供たち、と考えると私にとって大切、と
思ってたものが、彼らにとってはゴミ以外の何ものでもないだよな〜
と客観的に考えられます。

実は私もかつて、大変な思いをしました。
実母の時も義母の時も・・・。
もう具合が悪くなるくらい、来る日も来る日も片づけ倒しました。
今と違って彼女たちの時代は「物を捨てる」などという感覚はない
時代でしたから。
こんな物まで?というものまでとってありました。

そんな経験がありますから、私は子供たちに「お母さん、意外と持ち物
少なかったねぇ」と言わせてみたいのです。
そうは言っても人間1人の荷物って、結構多いんだなーと実感。

モンゴルの遊牧民はテント一つに収まる荷物を持って移動するそうな。
あ〜、それ理想だなぁ。
トランク一つ引っ張って、広い草原を歩く自分の後ろ姿を妄想しちゃい
ました(爆)。

○子ちゃんとデート

春休みの恒例で、娘家族が遊びに来ました。
が、今回はお泊まりはなく日帰りで。
○子は3年生、H君は1年生になるので、いろいろ忙しいんですねぇ。
これから泊まりに来てくれる事も少なくなるのでしょう。
そりゃあ、ジジババと遊ぶよりお友達と遊んだ方が楽しいですから。

それにしても子供は急激に大きくなるので、○子ちゃんの
着ていたワンピースがパツンパツンなのが気になったババはつい
言ってしまいました。
「新しいワンピース、買ってあげようか?」
もちろん返事は「うん!」

という訳で○子と私は急遽、百貨店へ。
ちょうど来月が彼女の誕生月なので、お誕生日プレゼントです。

ママからピアノのお稽古とか、お友達のうちにお呼ばれした時に
着るようなワンピースというリクエストがありました。
学校は制服だし、普段はTシャツにスパッツなので手頃な
ワンピースが欲しい、という事でした。
最近は自分の主張が出てきて、ママと意見が合わないみたいです。
女の子はおしゃまさんですからねぇ。

そして、◯子とババの意見が一致したワンピースがこちら。

IMG_8764.jpg

写真を撮り忘れたのでイラストで失礼。
Tシャツとスカートみたいに見えますが、これワンピースなんです。
上はTシャツの生地で、スカート部分は綿のギンガムチェック。
春だというのにモノトーン。
まあ、これが一番似合ったので・・・(ママはもっと綺麗な色のを
望んでいたと思いますが・・・今回は本人の希望重視)

さて、お買い物の後はもちろん、

IMG_8743.jpg

今の季節は、苺パフェですよね〜。

孫とショッピングなんて、嬉しい1日でした。しかし、女の子って
ちゃんとこの歳でもガールズトーク出来るんですよね。
娘(○子のママ)がこの位の時、こんな風にお話できたかなぁ?
もっと幼かったような気がする。
時代なんでしょうか?


IMG_8768.jpg
庭のカイドウは満開です。



お墓参りとスリーコインズ

前日の真冬の寒さと雨の様子をみて、考えていたお墓参り
だったのですが、朝日を見て急遽、今日行こう!と思い立ち
バタバタの支度。(じーさん、お昼はカップラーメンでいいと言うので。
お留守番よろしく〜。たまにはいいよねー)


しかし、朝日はその時だけ。結局 曇りの花冷えの1日でした。
それでも相変わらず新幹線に乗るのは、ちょっとした旅気分。
(たった20分ですけど・・・)

昨日の雨でお寺の庭はシットリ。
ツクバイの苔が良い感じ。

IMG_8686.jpg

しっかりお参りした後は、お楽しみのランチ。
箱根の富士屋ホテルが閉館して、中のレストランが小田原の駅ビルに
移転したのです。
懐かしい味はそのまま。これは嬉しいですね。
あんまりお腹がすいていたので、写メも撮らずに完食。
頂いたのはカニクリームコロッケ。
スープ、サラダ、ライスが付いたランチセットです。
ゆっくりデザートにアップルパイまで食べたかったのですが、
この日は時間がなくて断念。

そしてまた新幹線に乗って新横浜まで。
こちらの駅ビルには高島屋が入っていて、ここの魚屋の干物が
美味しいんです。だからお墓参りの帰りは、必ず寄ります。
小田原の干物より、夫も私もこっちの方が好きなんですよねー。

さて、もう一箇所、必ず寄ってしまうのがスリーコインズ。
そして、今回のお買い物は・・・

IMG_8688.jpg

フラワーベースとキッチン用スポンジとタオル。
そして・・・

IMG_8700.jpg


キッチン用の洗剤入れ。
これ、大ヒットです。スポンジを持ってこの蓋を何回か押すと中から
洗剤がスポンジに付いて泡泡に!
つまり片手でスポンジが泡泡になります。
(注:売っているのはボトルのみです。中の洗剤はうちのを入れました)
こういうの、なんか凄く得した気分。だって、お皿洗うのが楽しくなりますもの。

このフラワーベースもお気に入りです。
最近はこんな風に2、3本を入れて飾るのがマイブームです。

IMG_8694.jpg

IMG_8696.jpg

ちょっと肌寒い日でしたが、お墓参りも無事に済ませ、幸せな
お買い物も出来て充実した1日でした。
え?この日の晩ご飯ですか?もちろん、鯵の干物でしたよー。
美味しゅうございました。

「ギリギリセーフ」と孫からの贈り物

先日のことです。
私の机の下(壁寄り)のところに小さな虫の死骸を見つけ
、それをティッシュで取ろうとして、やってしまいました。
はい、軽いギックリ腰です。

虫の死骸を見た瞬間に身体を捻りながら、しゃがんで
机を避けながら手を伸ばす、を同時にやってしまったのです。
こういう時は一息入れて、どういう方法が良いかまず考えなければ
ダメですね。
何の事はない、掃除機で吸えばよかったのです(笑)

こういう事は何度か経験しているはずなのに、その都度 反省して
きたのに学習出来ていません。
若い頃のように身体が柔軟だと思い込んでいる私のミステイクです。

まあ程度が軽くて良かったです。
うちのお抱え鍼灸師(夫)に、置き鍼をしてもらいました。
夫は若い頃、激しいスポーツをしていたのでツボというものを
よく理解していてツボを当てるのは見事です。

教訓:不意に動くのはやめましょう。(まず、一呼吸してから)

さて、そんな日に東京の孫 H君から送られてきたのがこちら。

IMG_8629.jpg

これが何かと言いますと

IMG_8631.jpg

スマホ立てなんです。(嬉々としてスマホを立てる夫。先に取られちゃいました。)

IMG_8633.jpg

昨年、敬老の日のお祝いがコロナで延期になり、2月に予定していたのですが
それも中止になり・・・卒園も間近になってしまったので、手作りした
スマホ立てをジジババに送ってくれたと言うわけです。
真剣に釘を打つ姿が可愛いですね(と、思うのはBaba Bakaだから?)

この2年、登園日があったりなかったり・・・可哀想な幼稚園生活でしたが
それでも仲良しのお友達も出来、無事に来週の卒園式を迎えられそうで良かったです。

H君、おめでとう!





プロフィール

朋百香(tomoko)

Author:朋百香(tomoko)
1955年埼玉県生まれ東京育ち。
幼少時から学生時代は、水彩、
油絵を学び、結婚後は子育てを
経てのち植物画に魅了され、
個展やグループ展にて発表。
イギリスのフィンドホーンへ
の旅をきっかけに自己の内的
プロセスを描写する、様々な
素材を用いた独自のミクスト
メディア作品制作に入る。
現在は和紙に墨、アクリルで
墨アートを表現している。
神奈川県在住。

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR