お詫びとUNIQLO買い物

先日、サイフは持たない。と宣言(?)したばかりですが・・・
すいません、サイフ買っちゃいました(汗)

IMG_7367.jpg

これがそのサイフでして・・・
中はこんなです。

IMG_7368.jpg

お札、真ん中に小銭、カードが6枚入っています。
メッシュ素材で洗えるそうです。おサイフ洗えるって、なんか気持ち良く
ないですか?

先日、アップしました無印のバッグインバッグと兄弟のような子です。
なのでしっくり、収まっています。
さすがにクリアファイルではちょっと・・・という場面もありますので、まあ
納得のサイフが見つかった、ということで。

因みにこれは「STANDARD SUPPLY」というお店のものでして、ナイロン素材
とかのバックパックやバッグ、エコバッグ、傘などを扱っています。
なかなかカラフルで楽しいお店です。
リンクを貼っておきますので、ご興味ある方はどうぞ。

SUTANDARD SUPPLY


そして、UNIQLO UTでTシャツ買ってきました。
前から欲しかったバスキア(JEAN-MICHEL BASQUIAT)のTシャツです。

IMG_7378.jpg

この柄が胸にバーン!とあるTシャツもあったのですが、孫に「怖い」と
言われそうなので、こちらにしました。

IMG_7374.jpg

はい、いつものモノトーンです(笑)

敢えて白いパンツにせず、メンズライクにクロクロで。
黒のテーパードパンツは、長年はいているもの。
白いサコッシュはヘビロテで活躍しているPERTOSSのもの。
ライトグレーのエコバッグは、先ほどご紹介したSUTANDARD SUPPLYで
サイフを買ったら、おまけについてきたモノです。

そして、こんなコーデも・・・
と言ってもモノトーンです(笑)

IMG_7375.jpg

こちらはライトグレーのスカートパンツ(スカーチョというんですかね?)
と合わせました。バッグは、先日アップしたPLASTICITYのもの。
スニーカーはナイキです。

バスキアの絵、好きです。
だからこんな風に日常着に取り入れられたら、気分も上がるってもんです。
(このTシャツはUNIQLO UT のメンズのSサイズです。このグラフィックTシャツは
他にアンディ・ウォーホル、キース・ヘリングもあります)

そして・・・
UNIQLOさんでも、こんなモノいただきました〜。

IMG_7376.jpg

アタックZERO
やったー! 可愛い容器ですね。

なんだか買ったものより、おまけの方が立派すぎて得しちゃった気分の
買い物2点でした。

*ジャン ミシェル・バスキア
 1980年代のニューコークにおいて、アイコン的存在であったアーティスト。
 短い活動期間にも関わらず、10代の頃より始めたストリートアートより
 インスピレーションを得た作品、ならびに美術史上の作品にまつわる数々の
 独特な図像で有名となる。
 バスキアの絵画、素描、版画には、アフリカ文化、アステカ文化、ギリシャ文化
 に始まり、ジャズ、野球、社会的・政治的事象などのアメリカの文化的要素に
 到るまで、さまざまな題材を見ることができます。




スポンサーサイト



コメント

No title

こんにちは! バスキアって2年くらい前に
アークヒルズで展覧会があったんですよね…
興味はあったものの、同じエリアで開催
されていた細野晴臣展に行っちゃった^^;
アバンギャルドな感じ、Tシャツにぴったり
ですね。
メッシュのお財布も軽くて使いやすそう。
財布といえば、革が定番かつステイタスを
あらわすような時代もありましたが
キャッシュレス化が進み、今やスマホでも
支払いができるくらいですから、財布に
求める価値も変わってきましたよね。

絵美さま

そーなんです。私が財布に求めるのは、ただただ軽いこと、嵩張らないこと(笑)それだけです。今回はそれに、洗えるも加わって言う事なしです。
滅多にグラフィックTなんて着ないのですが、バスキアの誘惑には負けました(笑)
UNIQLOさん、目の付け所がさすがです。

No title

やっぱり朋百香さんはカッコいいなあ♪
そういえば今年はまだユニクロで買ってないような…
お知らせはしょっちゅう来るんですけどね〜i-229

明日からまた緊急事態宣言に入る東京です
もう倦んでます〜〜〜 i-201 i-201 i-201

香子さま

お褒めいただき、ありがとうございます。
年々、女らしさが欠落してゆきます(笑)

「緊急事態宣言」本当にもう、何回繰り返すのかしら?この言葉に慣れっこになってゆくのが怖いです。
非公開コメント

プロフィール

朋百香(tomoko)

Author:朋百香(tomoko)
1955年埼玉県生まれ東京育ち。
幼少時から学生時代は、水彩、
油絵を学び、結婚後は子育てを
経てのち植物画に魅了され、
個展やグループ展にて発表。
イギリスのフィンドホーンへ
の旅をきっかけに自己の内的
プロセスを描写する、様々な
素材を用いた独自のミクスト
メディア作品制作に入る。
現在は和紙に墨、アクリルで
墨アートを表現している。
神奈川県在住。

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR