セーターのお手入れ

夏はモノトーンが多かった私がカラフルになれる冬。
と言うのはニットの季節だからです。
IMG_0071.jpg

と言っても例年同じような色ですが。
白、黒、燕脂、青、ベージュ。

この中で去年の冬の初めに購入したのがユニクロのスフレヤーンの
モックネックセーター。(写真一番右)
メンズのSサイズです。
このスフレヤーンと言うセーター、確かに暖かいのですがヘビロテで
着ていると汚れた犬の毛並みみたいにボロボロした毛玉になります(笑)
なので、結構お手入れが大変。
私は去年から電動毛玉とりは使っていません。
と言うのも優秀な毛玉とりブラシを見つけたから。

IMG_0067.jpg

IMG_0072.jpg

このブラシ、秀逸でセーターの網目にそってブラッシングすると、毛玉も埃も
取れます。ブラシのラインの内側には毛玉とりの猪毛、外側に洋服ブラシの
白馬毛をアレンジ。おまけにこのブラシに着いた毛を取る小ブラシも付いていて
よく考えられていますねぇ。

IMG_0068.jpg

と、いう訳でセーターを着た日は、オーディブルで落語を聴きながら
せっせとメンテナンスをするのが冬の夜のお楽しみの時間であります。

私はこのブラシ、ネットで買いましたが、ご興味を持たれた方の為に
製造元情報は下記。
有限会社アートブラシ 東京都台東区浅草7-5-4  03-5603-6551

浅草という辺りが いかにも職人さんの手作りという感じですね。
さて、そのモックネックセーターのコーディネイトです。

IMG_0074.jpg

パンツは黒のy's、ベージュに合わせてストールはくすんだ黄色やオレンジ、
グリーンなどが入ったマルチカラー。
ブーツはいつものy'sとドクターマーチンコラボ。
この上にここ2,3年着ているユニクロのハイブリッドダウンを着てバッグを斜めがけ。
これで寒い日の完全防寒スタイル完成です。



スポンサーサイト



コメント

No title

いつもながらスタイリッシュでステキ i-178
セーターの色、ベージュ以外は私もほぼ同じ、わぁ〜い♪
(代わりに濃いグレーが入ります)
ほぉ、毛玉とりのブラシってあるんですねえ。
そういえば浅草の聖天宮の近くに
ブラシ専門のお店がありましたが、そこのかな?

香子さま

そうでしたか、ブラシ専門店!そこかもしれませんね。日本の職人さんは凄いです。
多分、こういうところはメンテもしてくれる筈なので、一生物です。
機械の毛玉取りは壊れるんですよ。もう何台変えたか・・・(使いすぎなのかもしれませんが・笑)

「スタイリッシュでステキ」ありがとうございます。もうy'sの黒のパンツにセーターは定番です。
最近、なんでy'sのパンツなのか?その理由が判明しました。それについては、またブログで。

No title

こんにちは! おお、これは見るからに
「仕事のできる」感たっぷりなブラシ。
私は以前、ヌバックのジャケットを買ったときに、ホコリを払う洋服ブラシがやはり重宝
しました。毛もそうですが、皮ものも、お手入れしないと傷みが早いですものね。

温かみのある杢ベージュ、素敵なコーデですね。

絵美さま

そーなんです「仕事の出来る」ブラシなんです。
持つ所が手にしっくりくるところとか、微妙についた角度とか使う程に感心してしまいます。
大のお気に入りです。
服も靴もお手入れするとしないでは、持ちが違いますよね。
それだけに、多く持つと大変なので数はいりませんよね。昔は大量に持って、手入れが行き届きませんでした。(服に)愛がなかったなぁ(笑)

No title

遅くなりましたが、今年もよろしくお願いいたします。

噂のスフレヤーン、まだ触っていませんが、最近の化繊系は暖かそうですね。夫のダブルフェイスのヌメッとしたニットも、フカフカですが驚くほど毛玉が出ます。
電動毛玉取りはよく撮れますが、毛を掻き切っているわけですから、生地が段々痩せてきます。

毛玉取りブラシもバージョンアップしていますね。私は淺草、伝法院通りのかなや刷子の毛玉取りを持っていますが、こちらはサイトもあるみたいなので、リサーチしてみます。
ありがとうございます。

セージグリーンさま

スフレヤーン、毛布みたいで確かに暖かいのですが、キレイに着ようと思ったら結構お手入れが大変で、これだったら普通のメリノウールの方が良かったかなぁと、ちょっと後悔しています。

セージグリーンさんも毛玉取りブラシ、やっぱり浅草なんですねー。私はこれを使ってみて断然ブラシ派になりました。

こちらこそ、宜しくお願いします。
非公開コメント

プロフィール

朋百香(tomoko)

Author:朋百香(tomoko)
1955年埼玉県生まれ東京育ち。
幼少時から学生時代は、水彩、
油絵を学び、結婚後は子育てを
経てのち植物画に魅了され、
個展やグループ展にて発表。
イギリスのフィンドホーンへ
の旅をきっかけに自己の内的
プロセスを描写する、様々な
素材を用いた独自のミクスト
メディア作品制作に入る。
現在は和紙に墨、アクリルで
墨アートを表現している。
神奈川県在住。

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR