最初の指南書

本の紹介が続きますが、こちらはちょっとマニアック。
「京都タロット」の指南書です。
我ソウルメイト、岩倉ミケさんがついに書き上げました。

IMG_7700.jpg

初めてブログを読んだ方のために少し、説明させて頂きますと
そもそも「京都タロット」がスタートしたのが15年前(ミケさんが
構想を始めた年)それから2年後に私との出会いがあり、
私がカード絵を描くことになりました。

78枚のカード絵を完成させるまでに6年という歳月がかかり、その間
京都在住のミケさんとはメールでやりとりしたり、私が京都を訪ね
2人でタロットの舞台となる神社仏閣を巡りました。
(それはまるで巡礼のようでした)
今となっては楽しい思い出です。

そして実際にカードの形となったのは2018年。
IMG_7703.jpg
京都では「京都タロット」の講座も何度か開かれ、この日本のタロットカードの
魅力にはまって勉強してくださっている方達もいらっしゃるようです。


この本が完成するまでに、さらに2年。
簡単、早い、がキーワードのような時代になんでここまで時間をかけるのでしょう?
それは、このタロットカードがじっくり熟成するための時間なのではないか?と
私は考えています。

タロットカードには、もちろん小さな解説書が付いていますが、この本はもっと深く
この「京都タロット」を理解したい方のためのものです。
しかし、この本を読んでみると、単なる「タロットの使い方」ではなく、日本人の
ルーツに触れる、と言うか「神話を掘り起こす作業」(ミケさん曰く)と言うか
もっと言えば、普段私たちが意識しなくても見えない領域に存在している日本人に
共通している感覚(民族性?)にまでたどり着くものではないか、と感じています。

「和のセンスオブワンダー」と彼女は表現していますが、カード絵の至るところに
散りばめられた和の物語やシンボルは、日本人なら誰でも馴染みの深いもの
であり、私自身 絵を描きながら何度も「それ」と繋がっている、と言う感覚を
覚えたものです。

これだけ時代が進み、世界は狭くなりました。
でもむしろ世界に出てからの方が日本、日本人という事を意識するものです。

この本を読んで、今一度 日本の良さを認識してみてはいかがでしょうか?
日本人として生まれた「自分」と向き合ってみると、きっと何か感じるものが
あるのではないでしょうか・・・?
それが何であるかは人それぞれ。
自分の内側への旅は、奥が深くてなかなか興味深いものであります。

アマゾンで注文出来ます
京都タロット「最初の指南書」

電子書籍店のパブーはこちら
京都タロット「最初の指南書」

「京都タロット宙のメサージュ」タロットカードのお求めはこちら
タロットカード

岩倉ミケの奇想庵(ホームページ)はこちら
奇想庵



スポンサーサイト



コメント

No title

こんにちは。私も人生の大きな節目に、京都タロットが指南役となってくれました。
今思い返しても、当たっていあるなあ、と・・・なんというか、占いではなくて、そのときの自身をよくあらわしているし、近い将来もカードが示すように導かれているような気がするんです。
この不安定な時勢、またお世話になりたくなりました。

絵美さま

わ〜、絵美さんにそんな風に言われると凄っく、嬉しいです。そうなんです、ミケさんも私もこのタロットは占い師さんが使うというより、普通の私たちが日常のちょっとした事をご自分でタロット(タローさん?)に聞いてみる、そんな風な使い方が出来たらいいな〜と思って作りましたから。
そして日々、使っているうちに、段々とカスタマイズされてオンリーワンのカードになってゆく。と、いいなぁと思います。

No title

ミケさんのご本の上梓、おめでとうございます。
一般の方々に、手にしやすく、分かりやすく広まってくれるって大事ですし、
二人三脚で走ってきた朋百香さんにとっても、嬉しいことですね。
私も、個展の際にミケさんに三枚だけみて貰ったときのカード、今でも思い出します。
まったくもってズバーッと、ズバーッと、ズバリーッ!で、忘れようったって忘れられないくらいです。笑
これからも三枚目の未来のカードに従って突き進むのみでーす。

tomokoさま

ありがとうございます。
私が言うのも何ですが、このカード凄いと思います。ズバー、ズバーッと「私自身」が映し出されてしまうので、自分のことが知りたくない人には怖いかも(笑)
でも結局、自分の潜在意識では全てわかっているんですよね。カードはそれを表に表すだけ。遊びながら、何かの気付きになったら嬉しいなぁと思います。
非公開コメント

プロフィール

朋百香(tomoko)

Author:朋百香(tomoko)
1955年埼玉県生まれ東京育ち。
幼少時から学生時代は、水彩、
油絵を学び、結婚後は子育てを
経てのち植物画に魅了され、
個展やグループ展にて発表。
イギリスのフィンドホーンへ
の旅をきっかけに自己の内的
プロセスを描写する、様々な
素材を用いた独自のミクスト
メディア作品制作に入る。
現在は和紙に墨、アクリルで
墨アートを表現している。
神奈川県在住。

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR