予言(?)

次女が小学生4年の時に書いた「将来の夢」という作文は
大人になったら、ハワイのホテルのオーナーと結婚して、子供は
女の子と男の子の2人。ホテルにはイルカのプールがあり、
そこで子供達を遊ばせて・・・
というような内容でした。
この作文のことは忘れられずに、覚えています。
あまりにもリアルで、作文というより まるで将来はこうなります。
という宣言書みたいだったから。

あれから28年、彼女は本当に夢を叶えています。
現在、アメリカ人と結婚してハワイで暮らしていますし、子供は女の子と
男の子。旦那さまはホテルのオーナーではありませんが、家の近くに
イルカのプールがあるホテルがあり、時々そこで子供達を遊ばせて
います。

「願いは叶う」とか「自分が信じたことがその通りになる」と言ったようなことが
よく本に書かれていますが、それを地でいったような話ですね。

外人との結婚をはじめは反対していた夫と私ですが、今となっては
日本人と結婚して、日本に住む彼女の姿は想像もつきません。

ところで、私も彼女の将来を予言していた(?)のです。
こちらのタロットカード、これは「九番 イワナガ」ですが、このモデルに
なったのが次女です。

IMG_7647.jpg

和のタロットカードなので、着物こそ着ていますが、どこか南の島風な
所で馬にまたがり海の彼方を見つめる主人公。
その右上には 幸せの青い鳥が飛んでいます。

え?どこが予言かって?
ふふふ、実は婿さんは午年なのです。
しっかり、娘の尻にしかれてますねぇ。(笑)
この絵を描いた1年後に2人は出会ったのです。

人生の不思議、ご縁の不思議を覚えずにはいられません。

タロットカードにご興味のおありの方は
 右側カテゴリのタロットをご覧ください。



スポンサーサイト



コメント

No title

すごいですね、澄んだ子供心から出る予言のような、夢叶えるチカラのような。。。
お世話になったある方が言ってたお話を思い出しましたが、たしか中学生だったころ、同級生たちにいじめられていたその人が、いじめに悩んで国語の女先生に相談したときに、その女先生がこう言ったそうです。
子供というのは、不思議チカラがあって、あなたをいじめている彼女らは、たぶんあなたの将来の姿を妬んで、それでそんなイジワルをしているんじゃないかと思うのよ、って。それで、その人は、先生に言われた言葉を頼りに乗り越えられたんですと言っていました。
次女さんも、将来の自分の姿が見えたのかもしれませんね?カードの絵も目には見えなくても不思議な連鎖で描かれたのですね、きっと。

tomokoさま

ありがとうございます。そんな風に言って頂くと、嬉しいです。次女もどうも子供の頃から周り(学校とか)に馴染めなかったみたいです。ここには私の居場所がない、と言われた事もありました。そんな彼女が「ここ!」と思ったのがハワイだったのでしょう。強く願って夢が叶ったのか、引き寄せたのかわかりませんが、どちらにしても人間って潜在意識の領域では凄い能力を秘めているのではないか、と感じます。

No title

次女さんは 素晴らしいですね。
子供のころからの想いをずっと持ち続けて、努力もなさったのでしょう。
なかなかできることでは ありませんもの。

持てる力 全力で願うと叶う、という体験はすこ~し しましたが、力不足で持続しませんでした。
経験できただけでも 幸せなことなんだろうと思っています。

風子さま

ありがとうございます。
「イワナガ」のモデルになっただけあって、次女はもの凄く頑固なところがありまして・・・(笑)
こうと決めたら絶対やり通す子でした。
女があんまり頑固だと可愛げがないですが、自分の信念を通す、という意味では凄いパワーだと思います。
非公開コメント

プロフィール

朋百香(tomoko)

Author:朋百香(tomoko)
1955年埼玉県生まれ東京育ち。
幼少時から学生時代は、水彩、
油絵を学び、結婚後は子育てを
経てのち植物画に魅了され、
個展やグループ展にて発表。
イギリスのフィンドホーンへ
の旅をきっかけに自己の内的
プロセスを描写する、様々な
素材を用いた独自のミクスト
メディア作品制作に入る。
現在は和紙に墨、アクリルで
墨アートを表現している。
神奈川県在住。

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR