「妻のトリセツ」

もし、40年前にこの本に出会っていたら、夫の心ない一言
(注・言ってる本人に悪気はない)に、傷つくこともなかっただろうに・・・。
でも、今この本と出会ったことに意味があるのかもしれません。
私は私なりに一生懸命、考えて、悩んで、怒って、諦めて、開き直って
解決策をその都度、見出してここまできたのですから。
夫もまた、なんで私が怒っているのか? どこで地雷を踏んでしまったのか?
分からないながらも、彼なりに暗中模索し、少しづつ修復させる術を身につけ
ここまで来たのです。
つまりこの40年間、夫も私も成長してきたのです。
別の言い方をすれば魂をみがいてきたのです。
(これが結婚の意義なのでしょうか?)

夫から見て妻の理不尽な言動も、妻から見て夫の意味不明な行動も
脳科学の見地から見れば「なるほど、そう言うことか〜」と理解できる(筈)
本です。

脳科学の専門家が分かりやすく男の脳、女の脳の違いを解説してくれているので
これを読めば、少しは夫婦間のトラブルが減るのに役立つかも・・・しれません。
「妻のトリセツ」ですから、多分夫が読む本なのでしょうが、妻も必読です。
お互いの「理解を超えた領域」を少しでも理解する努力をしましょう。

最後の説得力ある締めくくりの言葉がグッときます。
「夫婦というのは面白い。
かつて、永遠の愛を誓ったあの日の煌めくような「愛」とは似ても似つかないところに
「愛」の正体がある。
しかし結婚も35年を超えれば「理不尽な怒り」と「とほほ(苦笑い)」こそが暮らしの
アクセントであり、生命力の源であり、ふたりにしか分からない絆になるのである。」
(本文より)

「妻のトリセツ」 黒川伊保子・著 講談社


IMG_2910.jpg




スポンサーサイト



プロフィール

朋百香(tomoko)

Author:朋百香(tomoko)
1955年埼玉県生まれ東京育ち。
幼少時から学生時代は、水彩、
油絵を学び、結婚後は子育てを
経てのち植物画に魅了され、
個展やグループ展にて発表。
イギリスのフィンドホーンへ
の旅をきっかけに自己の内的
プロセスを描写する、様々な
素材を用いた独自のミクスト
メディア作品制作に入る。
現在は和紙に墨、アクリルで
墨アートを表現している。
神奈川県在住。

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR