和田敦・私の沼展

横浜美術館
横浜美術館に行ってまいりました。

お目当ては
和田敦、私の沼1
和田敦(わだあつし)さんの展示と上映会です。
知る人ぞ知る、和田さんは短編アニメーション作家。
イギリスやドイツ、スイスなど海外で多く受賞されてます。

私の沼3

私が和田作品に惹かれる一番の理由は、その「不条理」さでしょうか。
登場する人物、動物はどちらかと言えば癒し系なのに、彼らの説明のつかない
行動といったら・・・。

私の沼2

人間はとかく何にでも「意味」や「理由」を求めようとします。
そして理解出来ない、意味のないものは拒絶しようとする習性があるように
思えます。

でも・・・それって凄く狭いなぁ。
意味のないこと、説明のつかないことって私達の周りに意外に多い。
そもそも意味とか理由って人間がつけてるんじゃないの?
自然界にはそんなものは、ないのかもしれない。
作品を見ていると、そんな風に思えてきます。

私の沼4


和田作品は何も考えず、ボーッとその理不尽な設定や登場者の繰り返される
意味不明な動きを受け入れ、文字通り「理屈抜き」で楽しむのがベストです。
それがふつーに出来たら、脳がもの凄く柔らかくなるかも(笑)

今回は和田さんの解説付きで今までの中から9作品が上映されるという貴重な
イベントでした。何を切っ掛けにしてこの作品が生まれたかとか、儀式が
好きなので同じ繰り返しが多い、とかご本人でなければ語れないことを
いろいろ伺えたのが興味深かったです。



*複数画面で構成するインスタレーション作品「私の沼」の展示は2月28日
 までですが、短編映画の上映会は終了しました。


スポンサーサイト



プロフィール

朋百香(tomoko)

Author:朋百香(tomoko)
1955年埼玉県生まれ東京育ち。
幼少時から学生時代は、水彩、
油絵を学び、結婚後は子育てを
経てのち植物画に魅了され、
個展やグループ展にて発表。
イギリスのフィンドホーンへ
の旅をきっかけに自己の内的
プロセスを描写する、様々な
素材を用いた独自のミクスト
メディア作品制作に入る。
現在は和紙に墨、アクリルで
墨アートを表現している。
神奈川県在住。

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR