名前、変えました

ブログの名前、変えました。
過去を振り返ると、もう10年以上 このブログが続いていることに
驚きました。
10年ひと昔、と言いますが いや今は5年ひと昔でしょうか・・・。
これもひとえに、稚ブログを読んでくださる皆さま、コメントをくださる
皆さまのおかげと感謝の気持ちで一杯でございます。

日頃、家族や友人、仕事関係と 関わる人間は限られていますが
ブログを通じて本来は、お目にかからない筈の方々と実際にお話しする
機会を得たり、知らない世界を知るキッカケになったりと、私にとって
ブログというのは、世界が広がる大切なツールであり、またある時は
心のオアシスであります。

10年経つと、当然10才年を重ねており、また時代の変化もあり、そろそろ
名前も変えてみたくなりました。
「浮遊」というとフワフワ浮かんでる感じですが、実は他にも意味が
ありまして「世俗の外に超然とあそぶこと」だそうです。
この「世俗の外に・・・」という言葉にグッときて、これに決めました。
「B」はばあさんのBです(笑)

世俗の外に超然とあそぶ、ばあさんを目指して、これからも日々の事や
独断と偏見で選んだ面白いもの、ことを紹介してゆきたいと思います。
どうぞ 今後とも宜しくお願い致します。

IMG_7280.jpg
スポンサーサイト



お詫びとUNIQLO買い物

先日、サイフは持たない。と宣言(?)したばかりですが・・・
すいません、サイフ買っちゃいました(汗)

IMG_7367.jpg

これがそのサイフでして・・・
中はこんなです。

IMG_7368.jpg

お札、真ん中に小銭、カードが6枚入っています。
メッシュ素材で洗えるそうです。おサイフ洗えるって、なんか気持ち良く
ないですか?

先日、アップしました無印のバッグインバッグと兄弟のような子です。
なのでしっくり、収まっています。
さすがにクリアファイルではちょっと・・・という場面もありますので、まあ
納得のサイフが見つかった、ということで。

因みにこれは「STANDARD SUPPLY」というお店のものでして、ナイロン素材
とかのバックパックやバッグ、エコバッグ、傘などを扱っています。
なかなかカラフルで楽しいお店です。
リンクを貼っておきますので、ご興味ある方はどうぞ。

SUTANDARD SUPPLY


そして、UNIQLO UTでTシャツ買ってきました。
前から欲しかったバスキア(JEAN-MICHEL BASQUIAT)のTシャツです。

IMG_7378.jpg

この柄が胸にバーン!とあるTシャツもあったのですが、孫に「怖い」と
言われそうなので、こちらにしました。

IMG_7374.jpg

はい、いつものモノトーンです(笑)

敢えて白いパンツにせず、メンズライクにクロクロで。
黒のテーパードパンツは、長年はいているもの。
白いサコッシュはヘビロテで活躍しているPERTOSSのもの。
ライトグレーのエコバッグは、先ほどご紹介したSUTANDARD SUPPLYで
サイフを買ったら、おまけについてきたモノです。

そして、こんなコーデも・・・
と言ってもモノトーンです(笑)

IMG_7375.jpg

こちらはライトグレーのスカートパンツ(スカーチョというんですかね?)
と合わせました。バッグは、先日アップしたPLASTICITYのもの。
スニーカーはナイキです。

バスキアの絵、好きです。
だからこんな風に日常着に取り入れられたら、気分も上がるってもんです。
(このTシャツはUNIQLO UT のメンズのSサイズです。このグラフィックTシャツは
他にアンディ・ウォーホル、キース・ヘリングもあります)

そして・・・
UNIQLOさんでも、こんなモノいただきました〜。

IMG_7376.jpg

アタックZERO
やったー! 可愛い容器ですね。

なんだか買ったものより、おまけの方が立派すぎて得しちゃった気分の
買い物2点でした。

*ジャン ミシェル・バスキア
 1980年代のニューコークにおいて、アイコン的存在であったアーティスト。
 短い活動期間にも関わらず、10代の頃より始めたストリートアートより
 インスピレーションを得た作品、ならびに美術史上の作品にまつわる数々の
 独特な図像で有名となる。
 バスキアの絵画、素描、版画には、アフリカ文化、アステカ文化、ギリシャ文化
 に始まり、ジャズ、野球、社会的・政治的事象などのアメリカの文化的要素に
 到るまで、さまざまな題材を見ることができます。




無印が町にやってきた

コロナワクチン1回目を接種してきました。
場所はかかりつけのクリニック。
身体の事をよく分かってくださっている先生なので安心したのか
「俺は打たない」と言っていた夫もすんなり打ってくれて
一安心です。
でも、注射嫌いな夫は「いてー、いてー」を連発して、周りの方々を
恐怖に陥れていました。(笑)
私は注射自体は全然痛くありませんでしたが、夜になると打った方の腕が
筋肉痛みたいになりました。(でもそれも1日くらい)

さて、6月最後の土曜日のことです。
町に買い物に出かけた私は郵便局の駐車場に、何やら見慣れた色の
のぼり旗を発見。それには白字で「無印」の文字が・・・
「え? 無印ってあの無印?」
そーなんです。

今回の取り組みは
「無印良品東京有明では、自分の住む町までを住空間ととらえ、住まう人の
くらしを整える仕組みを考えています。
今回の『くらしのサポートマーケット』はそんな想いを同じにする「東急株式会社」と
○○○(わが町です)で創業60年を迎える「住まいの松栄」(町の不動産屋さん)
の協力のもと実現しました。これから「毎月最終週の土曜日」に、皆様のくらしを
整えるお手伝いをするため、必要な「商品」と「サービス」を移動販売車に積み、
お伺いします。」
とのことでした。

面白い取り組みですね〜。

IMG_7309.jpg

いろんな事やるんですねぇ、無印さん。

まだ初移動販売だったので、商品の数はそんなに多くはありませんでしたが、
次回はこんなものが欲しい、と伝えれば それを持ってきてくれるそうです。

で、その日のランチは無印のカレー(チキンバター)となりました。

IMG_6198.jpg

いろいろお野菜を添えて。

そして、おやつはやっぱり無印のバームクーヘン。今日はマンゴー味。

IMG_7300.jpg

思いがけず、町で無印さんに出会えて、梅雨の合間のラッキーな土曜日でした。


ただいま、実験中

先日、歯医者さんの帰りに無印に寄ってきました。
買ったものは、

IMG_7222.jpg

上の段、左からバームクーヘン2種(これ美味しいんですよね。今回はアップル
シナモン、抹茶かのこ)お皿拭き、宇治抹茶ラテ。下の横長のものは、引き出しの
仕切りに使うもの。

今回、私のお目当てはこれです

IMG_7223.jpg

メッシュでできた、バッグインバッグ。
メッシュだから中が見えるし、何より軽い。

IMG_7242.jpg

中身を入れるとこんな感じです。

IMG_7244.jpg

こちらは横から見たところ。

そして、中に入っているのは、

IMG_7245.jpg

左上から透明のお札入れ(クリアファイルを切ったものです)
右はカードケース(パスモ、鍵、各カード類が入っています)
万年筆、下にいって、除菌ハンドスプレー、小銭入れ、化粧ポーチ
あと、携帯を入れてます。

ん? 透明のお札入れ?そうなんです、ただ今 これを実験中。
つまりお財布はいらないのではないか?

わが町は大体、PeyPeyで事足りるのです。
いや、わが町に限らず、どこでもなんかしらカードがあればOKですよね。
でも、何かの時にお札もないと心配なので、せいぜい5,000円も
あればいいかな〜。

で、お財布を持たなくなったら・・・別に何も困りませんでした。
そしてバッグが軽くなった。
このバッグインバッグは中にいくつもポケットがあるので、本当は
クリアケースもいらないのかもしれません。
よく外国人が持ってるマネークリップでいいのかもしれません。
が、暫くはこれでやってみようと思います。

あと入れるとしたら、ハンカチとミニボトルくらいなので、バッグも
小さくしたいな〜と思案中。
どのみち今は、サブバッグは必需品ですしね。

これでまた一つ、軽量化が進みました。
満足満足(笑)




見栄を捨てたら軽かった

先日の夫の血液検査の結果、前回の課題だった糖尿、血圧、
心臓の数値が全てクリアになりました。
「トモちゃん、偉い!」(私のことです)
誰も褒めてくれないので自分で褒めます(笑)
日々の食事管理の成果ですねー。
しかし、こんなにも効果があるとは自分でもビックリです。
いかに日々、食べるものが大切か実感しました。

さて、先日 ついに買ったのは・・・買い物カートです。

IMG_7214.jpg

今までサブバッグで頑張っていたのですが、土曜日は野菜の買い出しに
行くので、重い事、重い事。

町でカートを引いているのはご年配の女性ばかりなので、私はまだ早い。
カートを引くのはお婆さんになってから・・・と、思っていたのですが、ふと
気付けば私、立派なお婆さんでした(笑)
見栄を張ってる場合じゃなかったです。

最近のカートは良く出来てますねぇ。

IMG_7215.jpg

中は保冷仕様で夏は保冷剤を入れて行けば安心。

IMG_7216.jpg

傘を留めるところがあったり、その手前にはボトルを入れるポケットがついて
いたり、至れり尽くせり。

そして何と言っても買い物の楽な事。
ルンルン鼻歌が出ちゃうほど、軽かったです。
もっと早くにカートにすれば良かった!と反省した土曜日の午後でありました。


プロフィール

朋百香(tomoko)

Author:朋百香(tomoko)
1955年埼玉県生まれ東京育ち。
幼少時から学生時代は、水彩、
油絵を学び、結婚後は子育てを
経てのち植物画に魅了され、
個展やグループ展にて発表。
イギリスのフィンドホーンへ
の旅をきっかけに自己の内的
プロセスを描写する、様々な
素材を用いた独自のミクスト
メディア作品制作に入る。
現在は和紙に墨、アクリルで
墨アートを表現している。
神奈川県在住。

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR